みなさま、このたび草津市域の住民による文化芸術活動を、いっそう豊かで活力あふれるものに  しようと、有志による「一般社団法人草津に麗しい文化芸術を育む会」が発足いたしました。   草津地域は往古から多彩な歴史文化に彩られた土地です。白鳳時代には西北部の常盤地域に重要な大規模寺院が次々に建立され、仏教文化の華が開きました。中世から近世にかけては東山道の宿駅、東海道・中山道の宿場町としての繁栄を築いたことで東西の文物とともに、人々が最新の文化芸術に触れる機会をもたらしました。江戸時代以降の文芸、学問の成熟は、人々の豊かな情操と創造力を育みました。                                                                                                                                               私たちは、この誇るべき伝統を受け継ぎ、地域の歴史と人材、民俗、自然などをもう一度、再評価して、住民みなさまの賛同と参加を得ながら、格調高く麗しい文化芸術の創造と発信を目ざしています。                                                                                                                                                                              物の豊かさに執着せず、心の豊かさが一層求められる時代です。人間らしく生きていくうえで文化の振興・発展は欠かせません月。経済と文化が両輪になってはじめて住みよく豊かなまちが形づくられます。7月からは草津市の文化振興条例が施行され、市民の文化芸術にふれる機会の充実などが、全市をあげて取り組まれることになりました。期を同じくして発足した私たち法人は、条例の趣旨も踏まえながら、活力と潤いをもたらすことのできる文化芸術活動を通じ地域に貢献していくつもりです。みなさま方のご参加をお待ちするとともに、ご理解、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

                                                    平成29年7月   

                                     代表理事 麻植美弥子

組織

最高顧問   中島 貞夫  映画監督

顧問      稲垣 聡   ピアニスト 相愛大学教授

顧問            伊庭 靖二  彫刻家 日展会員 

顧問            内海 靖   公認会計士 税理士

顧問           小島千絵子   太鼓集団「鼓動」名誉団員 

顧問           住岡 英毅  滋賀大名誉教授

顧問            中谷 満      打楽器奏者 相愛大教授

顧問            深海さとみ  筝曲家  

顧問            B・ウィリアムス 画家 

顧問            真下  厚  元立命館大文学部教授 

顧問            松浦 俊和   元大津市歴史博物館館長


理事長     麻植美弥子  筝曲家 

副理事長    青地 正記  草津市国際交流協会副会長

理事             井戸  洋  ジャーナリスト

理事             大溪麻紀子  養護学校教諭

理事              岸本 佳美  ピアニスト

理事             木村 尚達  写真家 京都写真協会会長

理事             中谷 仁彦  草津市青少年センター所長

理事             本間 道明  一般社団法人 北部まちづくり協議会会長

理事             栁川久美子  元草津小学校校長

監事                 加藤 幹彦  草津商工会議所専務理事

幹事長             杉江 政憲  ロマン楽器(株)代表取締役

幹事              麻植 俊彦  元警察署長

幹事              立岡 功成  草津まちづくり会社取締役

幹事              中村 正典  クラウドナインプロジェクト(株)代表取締役


最高顧問 中島貞夫(映画監督)

1934年8月千葉県生まれ。                                          画監督、脚本家。東京大文学部を卒業した1959年に東映入社。京都撮影所に配属され、1964年、「くノ一忍法」で 監督デビュー。「木枯し紋次郎」をはじめ監督・脚本作品多数。束縛を離れた現場主義を貫きながら人間の本質を追究する作風には定評がある。大阪芸術大、立命館大で教壇に立ち、後進の指導にも当たってきた。NPO法人京都映画倶楽部理事長。京都国際映画祭名誉実行委員長。主な監督作品に「893愚連隊」「鉄砲玉の美学」「ああ同期の桜」「日本の首領・完結編」「犬笛」「序の舞」「木枯し紋次郎」「極道の妻たち・決着」。脚本作品に「大喧嘩」「いれずみ判官」「日本侠客伝・白刃の盃」「はぐれ記者・こちら大阪社会部」「吉原炎上」「蓮如物語」などがある。